Welcome to the Netflix Partner Help Center. Have a question or need help with an issue? Send us a ticket and we'll help you to a resolution.

エラーコード:

音声クリッピング/ひずみ 

説明:

「音声クリッピング/ひずみ」は、音声サンプルの音量が再生レベルの最大ピーク値を超える時に発生する現象です ("過変調"と関連付けられる場合や "過変調"として分類される場合もあります)。

影響:

音声クリッピング/ひずみは、対象素材のコンテンツ品質と技術品質の両方に影響を与えます。 ダイナミックレンジの減少により、音声再生中に「パチパチ」という音がしたり、音が濁ったりするため、視聴体験が阻害されます。 たいていの場合、このエラーは制作意図ではありません。また、このエラーが検知された素材から派生する納品物は低品質になり、弊社サービスでの使用には耐えられません。

深刻度の構成:

参考情報

該当なし

問題

音声のかなりの部分が再生許容レベルを超えてピークに達しているようです。 音楽、セリフ、効果音のすべての音声が大きいうえにひずんでいます。 音声の波形はきわめて広域でもピーク全体はフラットに表示されており、音声クリッピングが見られます。

防止策:

クリッピングを回避するため、撮影現場で収録中に音声レベルを注意深くチェックします。 ミキシングの段階でクリッピングを防ぐためにリミッターを使用します。  

ノーマライズ処理時のエラーの場合もあります。 再録音のミックスセッションを見直し、ノーマライズ処理でエラーが発生していないかを確認します。

修正方法:

音声レベルの調整や制限を行い、新しいプリントマスターを再納品してください。 M&Eに同様の問題がないか確認し、必要があればM&Eも再納品してください。

 

この記事は役に立ちましたか?
9人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk