Welcome to the Netflix Partner Help Center. Have a question or need help with an issue? Send us a ticket and we'll help you to a resolution.

エラーコード:

余計なコンテンツ

説明:

「余計なコンテンツ」は、不必要なコンテンツが作品やファイルに余計に含まれていることを指します。 これには、DI工程で作品に挿入された最初と最後の映像や各種素材が最終納品ファイルに残っている場合が含まれ、Netflixの納品仕様に沿っていません。 

影響:

余計なコンテンツは、対象素材のコンテンツ品質に影響を与えます。 配信されるストリームデータに作品と関係のないコンテンツが誤って挿入されるので、視聴体験が損なわれます。 通常、シーンや作品の文脈により、余計なコンテンツか制作意図に沿ったコンテンツか判断できます。

深刻度の構成:

参考情報

文脈から考えて、余計に見えるコンテンツが制作意図によるものと判断できます。

問題

最終版の制作物に含まれるべきではない、DI工程またはオンライン編集で作品の最初と最後や途中に挿入された映像素材がファイルに含まれています (例: 無音の黒画面、 スレート、カラーバー、SMPTEリーダー、2回のポップ音、白素材、作品のアイキャッチ)。

防止策:

処理中でないビデオトラックはロックし、他のトラックと間違って処理しないようにします。 タイムラインを確認し、不適切な素材や形式的に入れている素材が最終版に手違いで残っていないかチェックしてください。

修正方法:

必ず、余計なコンテンツを削除するか、最終版のコンテンツと入れ替えて、Netflixの納品仕様に従ってください。

 

この記事は役に立ちましたか?
6人中2人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk