Welcome to the Netflix Partner Help Center. Have a question or need help with an issue? Send us a ticket and we'll help you to a resolution.

エラーコード:

PSEテスト不合格

説明:

「PSEテスト不合格」は、光過敏性発作 (PSE) を持つ人にてんかん発作を誘発するリスクが、素材にあるかどうかを測定する特別なテストの判定結果です。  PSEテストは、ビデオコンテンツの輝度 や色、パターンの急速な変化をスキャンします。 

影響:

PSEテスト不合格は、対象素材の技術品質に影響を与えます。 PSEテストで不合格になったコンテンツは、視聴時に発作を誘発する可能性があるため、光過敏性発作を持つ人にとって深刻なリスクとなります。 この発作は、光過敏性発作が起こりやすいことに無自覚な視聴者に発生する場合もあります。 

深刻度の構成:

参考情報

該当なし

問題

PSEテストが実装されたソフトウェアやファームウェアによって、このコンテンツはPSEを持つ人がてんかん発作を誘発する可能性があると判定されています。

防止策:

編集の際は、有効な画像の25%以上にあたる部分で輝度や色の変化が1秒間に3回を超えるシーケンスを使用しないようにしてください。  また、はっきりしたパターン (ストライプ、水玉、格子など) 、特に点滅、左右の振動、方向転換、反転といったパターンの使用は避けてください。 ITU-R勧告BT. 1702の規格に沿って編集およびテストし、PSEを抑えるための指針を遵守してください。  


修正方法:

シーケンスや作品を再編集して、PSEテストで不合格になった箇所を削除または調整する必要があります。

 

この記事は役に立ちましたか?
10人中7人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk