Welcome to the Netflix Partner Help Center. Have a question or need help with an issue? Send us a ticket and we'll help you to a resolution.

エラーコード:マットエッジエラー 

説明:

「マットエッジエラー」は、(アニメーション化または合成した) オブジェクトレイヤーがフレームの端まで到達していない、あるいはショットへの合成が不十分なために、レイヤーの端にエッジや輪郭が表示されている状態を指します。

影響:

マットエッジエラーは、対象素材の技術品質に影響を与えます。  画面のオブジェクトやレイヤー全体が切り離され、アニメーションやVFXから浮いて見えてしまうため、視聴体験が損なわれます。

深刻度の構成:

参考情報

該当なし

問題

キャラクター、オブジェクト、レイヤーに、フレームの端まで到達していないエッジがはっきり表示されています。  また、フレーム内でキャラクターやオブジェクトの輪郭が目立つこともあります。

防止策:                          

合成したオブジェクトやレイヤーを確認し、フレームに継ぎ目なく組み込まれるようにします。  また、再配置や画像サイズの変更をする際はエッジを確認します。 キーフレームを確認し、すべての要素がフレームの端まで完全に到達し、適切な縮尺でフレーム内に表示されていることを確かめてください。

修正方法:

フレームのフルエッジまで到達しないマットがあまり目立たない場合は、再配置や画像サイズの変更を行い、見えているマットエッジをトリミングして修正できる場合があります。 

マットエッジがアクションセーフ領域に十分に収まっている場合、あるいはキャラクターやオブジェクトをふちどっている場合は、修正するためにアニメーションやVFXに戻す必要があるかもしれません。 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています