Welcome to the Netflix Partner Help Center. Have a question or need help with an issue? Send us a ticket and we'll help you to a resolution.

エラーコード:

ビデオノイズの多発

説明:

「ビデオノイズの多発」は、作品と無関係な画面上の動き、または目に見えるグレイン状の映像の歪みや模様があることによって、映像がぼやけたり、極端に"ソフト" (不鮮明) になっている状態を指します。

影響:

ビデオノイズの多発は、対象素材のコンテンツ品質に影響を与えます。 ビデオノイズが激しい場合は、画質がかなり劣化するため画面のアクションを見えにくくするおそれがあります。

深刻度の構成:

参考情報

ビデオノイズが多く発生していますが、制作意図に沿っていることが想定され、作品全体のルックとの整合も取れています。

問題

ビデオノイズが過剰で視聴を大きく妨げており、画面上の要素を見えにくくしています。  シーン特有のノイズパターンや場所によってはノイズが部分的に停止する状態が見られます。これはノイズ除去フィルターによるエラーの可能性を示しています。

防止策:                          

ISO感度を下げる - Red Weapon/Dragonで推奨されるISOは800です。それよりISO感度を上げるとノイズが発生します。  環境に合わせて露出を変えるためにISOを使用する場合は、ショットの間でノイズの不一致が生じます。

ある特定の状況では撮影時に良質の照明が追加で必要となります。

画像の4分の1の領域について、ノイズの一貫性や量に関して目立つものがないか検証します。

修正方法:

照明やISO感度がより適切なショットに入れ替えられるかを確認してください。 それが可能でない場合は、ポストプロダクションでノイズ除去フィルターを適用できるかどうか確認してください。 

ポストプロダクションでノイズ除去を行う場合、通常はノイズのソリッドテクスチャのサンプルを取り、映像のノイズ構造全体に処理を行います。  ノイズ除去を行うと映像が不鮮明になる、あるいは"固定された"グレインや映像の歪みや模様といった他のエラーを誘発し、映像品質により大きな影響を与えるおそれがあることを理解しておいてください。

この記事は役に立ちましたか?
7人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk