Welcome to the Netflix Partner Help Center. Have a question or need help with an issue? Send us a ticket and we'll help you to a resolution.

  • Netflix ドルビーアトモス ホームミックス納品要件 v2.0


    ドルビーアトモス ホームミックスは以下の要件を満たす必要があります。

    • 最低でも7.1.4対応の部屋でミックスすること。
    • Home Atmosミックスルームについてはドルビー認定必須ではありません。
    • ニアフィールドミックスであること。 ニアフィールドミックスの一般的なモニタリングレベルは79db若しくは82dbです。
    • ラウドネスをNetflix仕様 (ダイアログベース -27 LKFS +/- 2 LU 1770-1) に合わせてください。
    • ピークが-2dbfsトゥルーピークを越えないこと。そのためには、すべてのベッドとオブジェクトのトゥルーピークリミッターを-2.3以下に設定することを推奨する。ラウドネス及びピークは派生物の5.1経由で計測すること
    • ネイティブAtmosミックスについては、5.1と2.0の派生物がNetflixのラウドネスとピークの仕様に一致すること。
    • 全てのベッドとオブジェクトがエンコードされていて常に可聴であること。 プリントマスターは全てのベッド素材の合成または複数のベッドを利用しますが、両方は利用できません。
    • 全てのシリーズ、ドキュメンタリー、バラエティ、コメディコンテンツにおいて、ベッドとオブジェクトがダイアログ、音楽、エフェクトで分けてあること。フィルムについては、可能な限りDMEに分けてあることが望ましい。
    • 85dbがリファレンスとなる劇場用ミックスを作成した場合は、劇場用とニアフィールド用の2つの納品物をセットにしたものが必須となります。
    • Atmosファイルが最終的なIMFの映像の長さに完全に一致し、リールには別れていないこと。リーダーおよび同期用の音は削除すること。
    • FFOA (アクションの最初のフレーム)はデフォルトのままにしておくこと。”Add FFOA"ボックスにはチェックをつけないこと。3.0以前のレンダラーソフトウェアではFFOAの値が赤いダッシュになったままにしておくこと。

    配信用

    • ホームシアター用最終プリントマスター
      • ドルビーアトモスBWAV ADMファイル
        • 単一、もしくは複数のLCR,5.0、5.1、7.1、または7.1.2ベッド
        • トラック11-128はオブジェクトやベッド用に使用可能
        • 48 kHz、24ビット
    • ナレーションなしのミックス (該当する場合)
      • ドルビーアトモスBWAV ADMファイル
        • 単一、もしくは複数のLCR,5.0、5.1、7.1、または7.1.2ベッド
        • トラック11-128はオブジェクトやベッド用に使用可能
        • 48 kHz、24ビット

    ローカリゼーション用

    • M&Eミックス (音楽と効果音)
      • ドルビーアトモスBWAV ADMファイルもしくはPro Tools Recorderセッション
        • 単一、もしくは複数のLCR、5.0、5.1、7.1、または7.1.2ベッド
        • トラック11-128はオブジェクトやベッド用に使用可能
        • M&Eオプションステムは別のWAVファイルとして用意
          • チャンネルマッピングがM&Eミックスのベッドと一致していること
        • 48 kHz、24ビット

    アーカイブ用

    • 全ての納品物は単一のファイルとして最終的な映像にコンフォームし、同期が取れていること。
    • 最終的なホームシアター版プリントマスターDAMF (Dolby Atmos Master File)
      • DAMFには以下のファイルが含まれること:
        • .atmos ファイル
        • .audio ファイル
        • .metadata ファイル
      • トラックはグループ分けされ、会話、音楽、効果音ステムに対して関連付けされていること
      • 単一もしくは複数のLCR、5.0、5.1、7.1、または7.1.2ベッド
    • ミックスからナレーションを除いた DAMF (Dolby Atmos Master File) (該当する場合)
      • DAMFには以下のファイルが含まれること:
        • .atmos ファイル
        • .audio ファイル
        • .metadata ファイル
      • トラックはグループ分けされ、会話、音楽、効果音ステムに対して関連付けされていること
      • 単一もしくは複数のLCR、5.0、5.1、7.1、または7.1.2ベッド
    • ナレーションなしミックスDAMF (Dolby Atmos Master File) (該当する場合)
      • DAMFには以下のファイルが含まれること:
        • .atmos ファイル
        • .audio ファイル
        • .metadata ファイル
      • トラックはグループ分けされ、会話、音楽、効果音ステムに対して関連付けされていること
      • 単一、もしくは複数のLCR、5.0、5.1、7.1、または7.1.2ベッド
    • Pro Toolsアトモスフルミックスセッション(必要な場合)
    • DCPで使用した劇場版ドルビーアトモスMXF
       


    変更履歴

    2019-04-04

    • Atmosステムの要件を削除
    • シリーズ作品についてDME分離を維持するよう要件を変更
    • FFOAボックスをオフにするよう追加
    • M&E納品におけるPro Toolsオプションを追加
    • M&E DAMFの要件を削除

    2018-07-27

    • トラック11-128をベッドやオブジェクト用に使用していい旨を明記
    • 7.1ではなく5.1の派生物を使った計測を推奨
    • チャンネルレイアウトはレンダラーで決められているため削除
    • ラウドネス仕様を1770-1ダイアログベースの-27 LKFSに変更
    • トゥルーピークリミッターを-2.3に設定するよう推奨
    • LCR及び5.0ベッドの許容を追加
    • Pro Toolsアトモスレコーダーファイルの要件を削除

    2018-02-20

    • 誤字を修正 

    2018-01-02

    • ラウドネスとピーク値が要件にあったニアフィールドの納品物としてのアトモスを指定
    • 劇場版アトモスミックスの場合は2つの納品物が必要であることを追記
この記事は役に立ちましたか?
27人中26人がこの記事が役に立ったと言っています