Welcome to the Netflix Partner Help Center. Have a question or need help with an issue? Send us a ticket and we'll help you to a resolution.

制作アセット:データ管理

ワークフローの最初から最後までオリジナルカメラファイル(OCF)を含むデータの照合やバックアップは非常に重要です。データの損失は制作スケジュールや撮影への投資を無にすることになりかねません。ここに記す要件は、制作中に発生する可能性のある損失額が大きい問題を最小限に抑えるためのものです。

データバックアップや照合におけるワークフローは多岐にわたりますが、重要な要件を以下に記します。

3 : 2 : 1 バックアップルール

  • 全てのオリジナルカメラファイル(OCF)及び音声データは、少なくとも常に3つのコピーを作成すること
  • コピーは少なくとも2種類の異なるメディアに行うこと
  • 少なくとも1つのバックアップは別の場所で保管すること

  • 3つのコピー:
    • カメラメディアカード
    • オンセットRAID 5, 6 又は 10
    • LTO
  • 2種類のメディア:
    • RAID 5, 6 又は 10
    • LTO
  • 1つの異なる場所 (地理的に別の場所):
    • 1つのコピーを制作会社に、もう1つのコピーをポスプロに置く

許容可能な最終アーカイブ形式

  • LTOテープ (LTO5, LTO6, LTO7; LTFS形式での書き込み)
  • Netflixコンテンツハブ (クラウドストレージ)
  • 高速RAID(5/6/10)-保護された外付けハードディスク*

RAID 0は一時的なデータ転送やシャトルドライブとしてのみ使用可能ですが、バックアップ用には使用しないでください。

*Netflixの認証待ち

照合

  • チェックサムを生成し、全てのオリジナルカメラファイルに対して照合(ヴェリファイ)を行い、チェックサムマニフェストがオリジナルカメラファイルに常に付随していること(チェックサムマニフェストはテキストファイルです。ひとかたまりのファイルにおいて、各ファイル名と、対になる各ファイルのチェックサムが含まれています)
  • OCFは最終のアーカイブまで、コピーを行うたびに毎回チェックサムを使って問題がないことを照合すること
  • 撮影現場でのチェックサム生成と照合はMD5若しくはxxHash64-BE照合アルゴリズムを使用すること。MD5チェックサムは現場の輸送ドライブからラボ(ポスプロ)でのインジェスト以降のコピーでは最終アーカイブに至るまで必須となる。
  • チェックサムはアルゴリズムを走らせたフォルダ内に保存すること。ディレクトリレベルは以下のいずれかとする:
    • カメラカード
    • Shoot Day(撮影日)
    • ルートディレクトリ
  • 素材は収録やファイル転送時の問題を確認するためにも、目視で検査すること。シーン・テイク情報を含むカメラレポート、並びにスクリプトノートを参照すること。
    • 目視検査はリアルタイム再生で行うこと
    • 視覚的な問題を確認するためにも、目視確認は解像度に対して1:1で行うことが好ましい
    • オリジナルカメラファイルから作成された編集用プロキシが準備できたら、全てのシーン・テイクが転送され、問題がないかを目視で確認すること

オンセットにおけるメディア再利用

オリジナルのカメラメディアカードは以下の両方が実施された後にのみ、再フォーマットすること:

  1. カメラレポート/スクリプトノートに対して全ての素材の目視QCが実施され、全ての素材に問題がないことを確認する
  2. OCFがコピーされ、最低3つのストレージ媒体にコピーする(LTO及び/又はRAID5, 6, 10)

オンセット RAID5, 6, 10 は以下の両方が実施された後にのみ、再フォーマットすること:

  1. カメラレポートとスクリプトノートに従って全ての素材の目視QCを行い、編集部によって承認されること
  2. OCFが最終アーカイブフォーマット(例:LTO、コンテンツハブ、RAID(5/6/10)-保護された外付けハードディスク)**も含めて最低3種類のストレージ媒体にコピーされること

** Netflixの認証待ち

サンプルデータフロー

要件に見合うデータ照合ワークフローは多岐にわたります。撮影前にNetflixと打ち合わせを行うことをお勧めします。

  1. 映像と音声をメディアカードに収録
  2. メディアカードをDITに渡す
  3. メディアカードからオンセットRAID及びシャトルドライブに対して素材コピーとチェックサム生成を同時に行う
  4. コピーはMD5若しくはxxHash64-BEチェックサムで照合を行う
  5. シャトルドライブに対してメディアを暗号化するか、鍵のかかったコンテナに収納し、ラボへ運送する
  6. シャトルドライブからラボにインジェストし、MD5チェックサム照合を行う
  7. カメラレポートやスクリプトノートを参照しながら、最終アーカイブへの書き込み時に目視QC(OCFを再生、若しくはOCFから直接生成されたプロキシを再生)を実施
  8. 最終アーカイブ形式:

オプション 1 - 2セットのLTOアーカイブを作成し、ポスプロと制作会社など、物理的に異なる場所で保管

オプション 2 - 1セットのLTOアーカイブを作成し、OCFをコンテンツハブ(Netflixクラウドサーバー)にもアップロードする

9. LTOが作成され、目視QCが完了したら、関係者にメディアカードを再利用してもいい旨を通知する

10. (デイリー参照のこと) LTOが照合され、デイリーに問題がないことを編集部が確認したら、オンセットRaid5 は中身を消去し、新たなOCFを保存するためにリリースする

SampleDataFlow.png

 

 

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
17人中16人がこの記事が役に立ったと言っています