Welcome to the Netflix Partner Help Center. Have a question or need help with an issue? Send us a ticket and we'll help you to a resolution.

 

目的:

制作期間全体にわたって、オリジナルカメラファイル (OCF) とオーディオファイルの冗長性を確保することが不可欠です。データを損失すると制作内容が失われ、予算にも大打撃を与えることになります。

 

プロダクションアセットをバックアップしてデータ照合するには、いくつかの方法があります。以下に、Netflixが求める最低水準、およびベストプラクティスを紹介します。

 

期待される最低水準:

  • 3:2:1の原則 
      • すべてのオリジナルカメラファイル (OCF) とオーディオファイルは、3セット以上のコピーを作成して管理する。
      • コピーは2種類以上のメディアに分けて保存する。
        • 例:
          • 撮影用デバイス (カメラカードやサウンドカードなど)
  • RAID 5、6、または10 (またはそれ以上) のストレージ (RAID 0は一時的な転送/移動用のドライブのみで使い、バックアップ用途には使わないでください)
        • LTOテープ (LTFS形式のLTO6、LTO7、LTO8)
        • Netflixのコンテンツハブ (Netflixの承認待ち)
    • これらのバックアップコピーの少なくとも1セットは、ほかのコピーから地理的に離れた場所で保管する。

 

  • チェックサムの検証: 
    • オリジナルカメラファイルとオーディオファイルのコピーをオフロードする場合は、すべてのコピーでチェックサムを検証します (MD5またはxxHash64beを使用)。ほとんどのプロ向けのオフロード用ソフトウェアには、チェックサム検証機能が搭載されています。
    • チェックサムの処理中は、オフロードごとに機械で読み取り可能な一意のチェックサムマニフェスト (MHLなど) を生成し、このファイルをすべての転送 (最終納品を含む) に含めてください。
      • MHLを使う場合は、すべてのカメラロールとサウンドロールのルートにMHLファイルを1つ格納する必要があります。MHLはロールごとに1つ必要です。

MD5およびxxHash64beはチェックサムのフォーマットです

MHL (Media Hash List) は、マニフェストのフォーマットです (対象のファイルのファイル名とチェックサム値が記載されたリスト)

 

  • オフロード中のカメラファイルの目視検査: 
    • 台本のある作品やノンフィクション作品のどちらを撮影する場合でも、画像ファイルやサウンドファイルの異常をチェックするには、オフロード時が最適です。ファイルを目視で確認し、収録内容やデータ転送に大きな問題がなかったか、技術的に検査します。

 

  • 台本のあるフィクション作品におけるカメラファイルの目視QC: 
    • 目視QCの主な目的は、あらかじめ特定しておくべき値を基に、修正可能な技術的問題を見つけることにあります。
      • 主要な制作担当者にフィードバックを提供し、技術的問題の解決策について議論する。
      • 将来的な問題を最小限に留める。
    • 目視QCはリアルタイムに再生しながら実施することが理想的です。
    • 視覚的エラー (デッドピクセルやモアレなど) を特定できるように、目視QCは3840x2160以上の画像解像度で実施します。
    • 目視QCは、ラボなどの制御された環境で実施します。色の評価も行う場合は、専門家によってキャリブレーションされたモニターを使用してください。
    • 目視QCは、チェックサム検証済みの安全なコピーを使って行い、カメラカード内のオリジナルデータ映画用カメラのマガジンでは行わないでください。

 

  • 台本のあるフィクション作品の編集チームによる目視評価
    • 編集チームは、スクリプトスーパーバイザー、カメラローダー、DITなど、複数部門からのレポートにアクセスできます。ラボのレポートを使ってこれらすべてのレポートを相互参照しながらチェックすることで、すべての撮影素材が揃っていることを確認できるほか、確認しながら画像の不一致や問題点にフラグを付けて知らせることもできます。

 

カメラメディアの再利用:

カメラカードを再利用できるように消去する場合、十分な数のプロダクションアセットのコピーが存在することを確認するほかに、以下についても事前に考慮する必要があります。

  • カメラメディアを再利用する前に必ず以下を行ってください。
    • カメラレポート、および台本のある番組の場合はスクリプトノートを参照しながら、すべての映像を目視で検査します。
    • オリジナルのカメラ映像とオーディオファイルについては、上記の3:2:1の原則に従います。
    • 台本のある番組では、すべてのOCFで目視QCと目視評価の両方を実施します。すべての映像をチェックし、すべての映像が関連するレポートに記載されていることを確認します。
      • 編集チームが最終的なチェックを行うことが理想的ですが、時間的にそれが難しい場合は、少なくともデイリーラボによるクロスレポートチェックを実施してください。

 

一時的なオンセットストレージの再利用:

OCFが一時的なストレージに格納されている場合は、そのストレージから消去する前にいくつか考慮すべき点があります。

  • オンセットおよびニアセットのストレージを再利用する前に、必ず行うべきこと:
    • オリジナルカメラファイルとオーディオファイルを目視で検査し、チェックサム検証済みの3つ以上のストレージメディアに格納します。この際、最終アーカイブ納品形式も含めてください。

 

使用可能な最終アーカイブ納品形式: 

LTOテープ (LTFS形式のLTO6、LTO7、LTO8)

Netflixのコンテンツハブ (Netflixの承認待ち)

RAID 5、6、または10 (またはそれ以上) のストレージ (Netflixの承認待ち)

 

ベストプラクティス:

  • チェックサム管理と管理記録
      • チェックサム検証済みの最初のコピーと、機械で読み取り可能なチェックサムマニフェスト (MHLなど) を作成したら、それ以降のコピーについては最初のコピーのチェックサム値と照合し、管理過程を記録する必要があります。
  • オフロード時の帯域幅
    • コピーを読み書きするデバイスのスループットがきわめて重要です。高速なドライブを使えば、カメラメディアやドライブの待ち時間が短くなります。データ管理環境に速度の遅いデバイスが1台でもあると、それがボトルネックとなり不要な作業時間が発生し、メディアの待ち時間が長くなるため、3:2:1のワークフローの実現を妨げることになります。
    • 転送元のカメラカードやカメラリーダーよりも遅いドライブは使わないようにすることをお勧めします。
    • データ管理プロセス全体を通して、スループットの速度を意識してください。
      • カメラカードの速度
      • カードリーダーの速度 (インターフェースも含む)
      • データ管理環境で使用するすべてのドライブとストレージの速度
      • (最終アーカイブ納品にLTOを使用する場合) 使用するLTOの世代の書き込みおよび検証速度
      • (最終アーカイブ納品にNetflixのコンテンツハブを使用する場合) ファイルのアップロードに使うインターネット帯域幅の速度

 

  • カメラカード数
    • 「カメラメディアの再利用」セクションにある検討事項を考慮し、十分な数のカードを用意してください。通常は撮影2日分に相当するカードを確保するとよいでしょう。ただし、十分な数のカメラカードを用意できているかどうか確定する前に、事前に必ず関係者全員に3:2:1の考え方について説明してください。
この記事は役に立ちましたか?
53人中48人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk