Welcome to the Netflix Partner Help Center. Have a question or need help with an issue? Send us a ticket and we'll help you to a resolution.

エラーコード: 

 ピクセルエラー

説明:

「ピクセルエラー」は、1つのフレームにある1個以上のピクセルが、周りのピクセルと異なり、収録した画像を正しく表示しない状態を示します。  「デッドピクセル」 とも言います。

影響:

ピクセルエラーは、対象素材の技術品質とコンテンツ品質に影響を与えます。  ピクセルエラーは、多くの場合、収録に使用したカメラのセンサーの欠陥が原因です。 ピクセルエラーは視聴体験を妨げます。特に薄暗いシーンやキャラクターの顔に現れる場合は目立ちます。

深刻度の構成:

参考情報

明るいシーンなので、ピクセルエラーはかすかにしか見えません。またはシーンの周辺の要素とほぼ同じ色です (エラーがシーンの中心となるキャラクターや物体の上に表示されていない場合に限ります)。

問題

ピクセルエラーがシーンの中心となるキャラクターや物体の上に見られます。  薄暗い背景と対照的にピクセルエラーの箇所が明るく目立っています。

防止策:                          

毎日、ブラックシェーディング補正をします。 これはカメラセンサーの露出時間および温度を基にした補正です。 環境や温度の変化に応じて、ノイズパターンを再設定し、ピクセルエラーを減らします。

ピクセルチェックを行ってください。 レンズを付けた状態で照明の当たった白い紙にカメラを向けます。これによってピクセルが荷電します。この状態で一度収録します。次に黒い紙を写すか、暗くなるように露出を調整してから収録します。フレームにスタックピクセルがないか確認します。

ノイズ除去や補間機能をオフにした状態で、"ビビッド"モードで作品を視聴します。

対照的な要素があるとピクセルエラーを発見しやすいため、  カメラの動きがある暗いシーンを確認し、 同じ場所にあり常に明るいピクセルを見つけます。

修正方法:

デッドピクセルはVFXで消して除去する必要があります。

グレーディングされていないアーカイブマスター (NAM) でピクセルを消し込み、グレーディングされたアーカイブマスター (GAM)、ビデオディスプレイマスター (VDM)、最終のIMFといった、後の工程の納品物に修正が確実に反映されるようにしてください。

 

この記事は役に立ちましたか?
7人中1人がこの記事が役に立ったと言っています