Welcome to the Netflix Partner Help Center. Have a question or need help with an issue? Send us a ticket and we'll help you to a resolution.

吹替音声QCの今後


今後、Netflixオリジナル作品の吹替音声についてのローカライズQCは、従来のプロセスから以下のいずれかのQCステップに移行していきます。

  • プレミックスQC
  • ポストミックスQC

吹替パートナーには、それぞれの作品にどのワークフローが適用されるのかをプロジェクトの開始時にお知らせします。この新しいQCプロセスでは、吹替音声に重点を置き、強制字幕の作成およびレビューは別のワークフローで行います。 音声についての必要事項は、Netflixのスタイルガイドやその他の作品ガイドをご参照ください。

プレミックスQCでは、最終吹替音声の作成前にダイアログステムをレビューします。 このQCステップを早い段階で行うと、吹替パートナーが問題の対処に費やせる期間が長くなり、作品の配信前に必要な修正をすべて実装することができます。

ポストミックスQCには、最終吹替音声のレビューが含まれ、以下の場合にのみ適用されます。

  • プレミックスQCとポストミックスQCを展開する前にローカライズQCが予定される作品
  • プレミックスQCで重大な問題にフラグが立てられていて、最終吹替音声のレビューをすることで、必要な修正がすべて実装されているかを確認できる作品
  • スケジュールがあまりにもタイトでプレミックスQCを行えないが、ハイタッチの吹替音声QCが必要な作品
  • その他、Netflixが作品の吹替音声アセットのレビューに専門のQCリソースを指定している場合

プレミックスQCまたはポストミックスQCのタスクが送信されると、音声アセットは裁定ステップに移行します。 吹替パートナーは通知メールを受信した後、2日間でNetflixのOriginatorツールでフラグの立てられた問題を確認し、修正の有無を決定します。 問題に対処しないと決めた場合は、[クリエイティブな意図 (Creative Intent)]または[これが最善策 (Best Possible)]の、いずれかの理由を選択します。 それぞれの問題には、以下のいずれかの重要度レベルが割り当てられます。

  • FYI (ご参考まで): 問題というほどではないが、注目しておくべきこと。
  • Issue (問題): カスタマーエクスペリエンスに悪影響をおよぼす、または元のクリエイティブな意図から逸脱する客観的な言葉使いや技術的な問題。
  • Blocker (極めて重大な問題): ファイルが視聴可能なレベルではない、またはNetflixに対する評価に悪影響をおよぼす問題 (吹替がない、明らかな同期ミス、不快で軽蔑的な言葉使い)。

期限までにプロセスを完了できなかった場合、NetflixではQCでフラグが立てられた問題はすべて修正されるものとみなします。 裁定プロセスが終わると、実装する修正の概要を示すレポートが生成されます。 このレポートは、今後の参考としてソースリクエストに保存されます。

プレミックスQCの場合、再納品が必要となるのはアーカイブ目的のためのみです。吹替パートナーは修正済みの最終吹替音声を納品してください。 ポストミックスQCの場合、Issue (問題) またはBlocker (極めて重大な問題) に分類されたエラーがある音声アセットは、すべて再納品が必要となります。

最後に、吹替パートナーはプレミックスQCまたはポストミックスQCの吹替音声を納品する前にKNPを記入してください。 裁定プロセスの完了後、KNPツールも更新し、最終吹替音声に使われる翻訳が正しく反映されていることを確認してください。

吹替プレミックスレコーディングおよび納品のガイドライン

吹替音声QCの裁定プロセス

この記事は役に立ちましたか?
10人中8人がこの記事が役に立ったと言っています