Welcome to the Netflix Partner Help Center. Have a question or need help with an issue? Send us a ticket and we'll help you to a resolution.

本書の目的は、カラーマネジメントされたパイプラインをサポートするようにBaselightを設定するための参考情報を提供し、グレーディングされていないアーカイブマスター (NAM) を含む高品質のアセットをNetflixに納品できるようにすることです。

本書に示す手順は必須要件ではなく、推奨方法として提案するものです。以下にACESワークフローとカメラネイティブワークフローの2種類について説明しますが、色管理されたワークフローの可能性をすべてカバーしているわけではありません。

さらに参考資料として、Filmlightが作成した以下の動画を色管理に関するガイダンスとしてご利用いただけます。

内容: 

    • ACESの概要
    • 各種映像の読み込み
    • CDL値の適用
    • 再現範囲外の色の処理
    • LMTからのTruelightシーンルックの作成
    • VFXプレートのレンダリングと準備

内容: 

    • IPP2 DRTファミリーのインストール
    • シーン設定
    • RED映像の解釈
    • カスタムIPP2 DRT
    • VFXプレートのレンダリング

内容: 

    • ALF-2 DRTファミリーとARRIルックライブラリのインストール
    • シーン設定
    • ARRIRAWとLogC映像の解釈
    • ALF-2 DRTファミリーに関する注記
    • VFXプレートのレンダリング

内容: 

  • Truelight CAMの概要
  • 別のカラーパイプラインを使用する理由
  • シーンテンプレート
  • 逆DRTを使用した作業
  • シーンルックの適用
  • 条件補正の表示
  • 黒画面の管理
  • カモフラージュルック
  • VFXに適したプレートの納品

 

注記: このガイドは、Baselight 5.1バージョン用に更新されたものです。

ACESワークフロー

ACESに馴染みがない場合は、Academy Color Encoding System (米国映画芸術科学アカデミーの策定したカラーエンコーディングシステム) についての詳細情報をACES Centralウェブサイトから得ることができます。

シーン設定

Job Managerで新しいシーンを作成します。[シーンテンプレート (Scene Template)]で[ACESテンプレート (ACES Template)]を選択します。これにより、自動的に[作業用色空間 (Working Colour Space)]で[ACEScct: ACEScct / AP1]が選択されます。特別な理由があって[ACEScc]に変更する以外は、この設定はそのまま使用してください。

[作業形式 (Working Format)]の解像度がUHD、4K、またはそれ以上であることを確認します (Netflixから承認されている解像度がある場合を除く)。フレームレートは、IMFやVDMの納品フレームレートと同じにしてください。

 

シーンを作成したら、[ビュー (Views)] > [シーン設定 (Scene Settings)]を開き、色に関する設定が以下のようになっていることを確認します。

[ビュー (Views)] > [カーソル (Cursors)]で、[表示用色空間 (Viewing Colour Space)]をリファレンスディスプレイのキャリブレーションに合わせて設定します。たとえば、SDRグレーディングを行う場合は[Rec.1886: 2.4 Gamma / Rec.709]に設定します。

[表示形式 (Viewing Format)]をIMFやVDMの納品解像度に設定します。

色空間の工程 (Colour Space Journey)

ここからメディアのコンフォームまたはシーンへの挿入を行います。[ビュー (Views)] > [色空間の工程 (Colour Space Journey)]を開き、以下のようになっていることを確認します。

[作業用色空間 (Working Colour Space)]が[ACEScct]で、ACES RRT (“ファミリーDRTで変換 (converted with family DRT)”とは自動選択されたことを意味します) を使用して[表示用色空間 (Viewing Colour Space)]に変換されることが重要です。上記の例では、ソースはACESアーカイブファイル (リニアエンコードされたOpenEXR) です。

たとえば、1000 nitのリファレンスモニターでドルビービジョングレーディングを行う場合、同じショットの[色空間の工程 (Colour Space Journey)]は以下のようになります。

多くの場合、実際のソースはオリジナルカメラRAW映像になるので、Baselightが定義済みの色空間に自動的にディベイヤーされ、最大限の情報を引き出すことができます。たとえば、ソースメディアがソニー製のカメラであれば、[色空間の工程 (Colour Space Journey)]は以下のようになります。

[シーン設定 (Scene Settings)]で有効にした[自動を優先/メタデータから (Prefer Automatic/From Metadata)]設定により、ソニーのショットがリニアのカメラネイティブスペースに自動的にディベイヤーされます。その後、Baselightによって画像が[ACEScct: ACEScct / AP1]に変換され、ここでグレーディング処理が行われます。[色空間の工程 (Colour Space Journey)]に[グレーディング (Graded In)]フィールドがあるのはそのためです。

納品物のレンダリング

納品物をレンダリングする準備ができたら、[ビュー (Views)] > [レンダリング (Render)]を開きます。通常は、Netflixへの納品用に新しい納品物セットを作成します。

Netflixに提出する必要のある納品物は、プロジェクトのコンテンツハブページに指定されたものだけです。ただし、このセクションでは、Netflixに提出する可能性のある納品物をすべて扱います。

[レンダリング (Render)]ビューにある納品物タブをすべて削除します。[納品物セット (Deliverable Set)] > [新しい納品物セットの定義 (Define New Deliverable Set)]に移動し、新しい納品物セットに「Netflix Deliverables」という名前を付けます。

最初のタブの名前を「NAM」に変更します。NAM (グレーディングされていないアーカイブマスター) のレンダリング設定は、以下のようにしてください。

出力 (Output)

シーケンス (Sequences)

ファイルの種類 (File Type)

OpenEXR

OpenEXR圧縮 (OpenEXR Compression)

非圧縮 (Uncompressed)

レンダリング形式 (Render Format)

当該シーンの作業形式と同じ (Baselightでデフォルト選択)

レンダリング用色空間 (Render Colour Space)

ACES: Linear / AP0

 

NAM納品物の場合はさらに、レンダリングの色に影響するレイヤーが何も含まれていないことを確認してください。[変換 (Transform)]や[パン&スキャン (Pan & Scan)]のような、変換や空間のみに影響する操作はできる限りNAMのレンダリングに含めてください。

フォルダー構造やファイル命名規則の詳細については、このProdicle記事をご覧ください。

カメラネイティブワークフロー

カメラネイティブワークフローでは、プロジェクトのプライマリカメラのメーカーが設計した色空間と伝達関数を使用することを前提とします。このガイドでは、すべてのカメラメーカーを扱うのではなく、このワークフローに対応できるようにシーンを準備する方法とその例を示します。

Baselightを起動する前に、FilmLightのウェブサイトでこのページにアクセスし、使用するカメラのメーカーに関連する追加ファイルをすべてダウンロードしておきます。Truelight色空間ファイル (.flspace) やディスプレイレンダリング変換ファイル (.fltransform、.cub) など、これらのファイルはすべてBaselight上の次のディレクトリに入れてください。

/vol/.support/etc/colourspaces

シーン設定

Baselightを起動したら、Job Managerで新しいシーンを作成します。[作業形式 (Working Format)]の解像度がUHD、4K、またはそれ以上であることを確認します (Netflixから承認されている解像度がある場合を除く)。フレームレートは納品フレームレートと同じにしてください。

[作業用色空間 (Working Colour Space)]は、ログエンコードされたカメラネイティブの色空間に設定されます。 名前の先頭にはカメラのメーカー名が付きます。たとえば、パナソニック製のカメラで撮影した場合は[Panasonic: V-Log / V-Gamut]、ソニー製のカメラで撮影した場合は[Sony: S-Log3 / S-Gamut3.Cine]のように選択します。全般的に、カメラ自体の処理に忠実に色が再現され、ダイナミックレンジを維持して従来のカラーグレーディングツールと連携するように画像がログエンコードされます。

シーンを作成したら、[ビュー (Views)] > [シーン設定 (Scene Settings)]を開き、色に関する設定が以下のようになっているか確認します。[作業用色空間 (Working Colour Space)]と[ディスプレイレンダリング変換 (Display Rendering Transform)]は、プライマリカメラによってプロジェクトごとに異なる設定です。以下の例では、REDをプライマリカメラとして使用しています。

注意: ドルビービジョングレーディングを行う場合は、[ディスプレイレンダリング変換 (Display Rendering Transform)]の選択に、“ファミリーDRT”である (つまりHDR版とSDR版がある) ことを示す次のアイコンがあるか確認してください。

色空間の工程 (Colour Space Journey)

ここからメディアのコンフォームまたはシーンへの挿入を行います。[ビュー (Views)] > [色空間の工程 (Colour Space Journey)]を開き、メディアが定義済みの色空間に自動的にデコードされた後、作業用色空間に変換されることを確認します。この後、[ディスプレイレンダリング変換 (Display Rendering Transform)]が自動的に選択され、ディスプレイリファードの表示用色空間に変換されます。以下に、ARRIRAWショットの例を示します。

たとえば、1000 nitのリファレンスモニターでドルビービジョングレーディングを行う場合、同じショットの[色空間の工程 (Colour Space Journey)]は以下のようになります。

[シーン設定 (Scene Settings)]で有効にした[自動を優先/メタデータから (Prefer Automatic/From Metadata)]設定により、ARRIショットがリニアのカメラネイティブスペースに自動的にディベイヤーされます。その後、Baselightによって画像が[ARRI: LogC / Wide Gamut]に変換され、ここでグレーディング処理が行われます。[色空間の工程 (Colour Space Journey)]に[グレーディング (Graded In)]フィールドがあるのはそのためです。

納品物のレンダリング

納品物をレンダリングする準備ができたら、[ビュー (Views)] > [レンダリング (Render)]を開きます。通常は、Netflixへの納品用に新しい納品物セットを作成します。

Netflixに提出する必要のある納品物は、プロジェクトのコンテンツハブページに指定されたものだけです。

[レンダリング (Render)]ビューにある納品物タブをすべて削除します。[納品物セット (Deliverable Set)] > [新しい納品物セットの定義 (Define New Deliverable Set)]に移動し、新しい納品物セットに「Netflix Deliverables」または任意の名前を付けます。

最初のタブの名前を「NAM」に変更します。NAM (グレーディングされていないアーカイブマスター) のレンダリング設定は、以下のようにしてください。

出力 (Output)

シーケンス (Sequences)

ファイルの種類 (File Type)

OpenEXRまたはDPX

OpenEXR圧縮 (OpenEXR Compression)

非圧縮 (Uncompressed)

レンダリング形式 (Render Format)

当該シーンの作業形式と同じ (Baselightでデフォルト選択)

レンダリング用色空間 (Render Colour Space)

EXR: シーンの作業用色空間のリニア版

DPX: シーンの作業用色空間と同じ

 

NAM納品物の場合はさらに、レンダリングの色に影響するレイヤーが何も含まれていないことを確認してください。

[レンダリング用色空間 (Render Colour Space)]の場合は、先頭にカメラのメーカー名が付きます (例: Sony: Linear / S-Gamut3.Cine)。

フォルダー構造やファイル命名規則の詳細については、このProdicle記事をご覧ください。




この記事は役に立ちましたか?
6人中6人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk